合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 保護者の方へ

保護者の方へ

東都ゼミナールの教育理念

"子供達の可能性"と本気で戦う。

現在、多くの塾が売りにしている「上位校◎名」などの合格実績。でも、本当に大切なのは、それが「生徒全体の何%」であるかという割合の部分です。大手進学塾では入塾時の偏差値に応じてクラス分けを行っているため、上位校何十名と言っても全体から見た割合は「わずか数%」に過ぎません。大多数の生徒が見過ごされているのが現状です。

東都ゼミナールでは少人数の10名体制(入塾試験なし)のスタイルのもと、一人ひとりに適した指導を行っています。できる子だけでなく、たとえ偏差値が低かったとしても「上を目指したい」という意欲のある生徒を引き上げてあげていくことを大切にしています。
もちろん、できないことをできるようにするのは簡単なことではありません。主体的に実行していくのが望ましいですが、子供に限らず人間誰しも楽をしたくなるもの。その点、東都ゼミナールは安易な妥協を許しません。時には、夜遅くまで居残りさせたり(時には朝まで)、休日に呼び出したりすることもあります。
型破りに思われるかもしれませんが、その結果、偏差値60以上の上位校への合格者の割合は50%強、偏差値55以上の中位校への合格者の割合に限れば100%と、確かな合格実績につながっています。(今年度調べ)

授業風景
塾に行くべき3つのポイント
塾選びの基準

知らないと損!江戸川区の教育事情

地域格差・経済格差を、教育格差にさせない!

公共教育の荒廃が叫ばれて久しいですが、残念ながら、江戸川区における現状も他エリアに比較すると芳しくはありません。一部、葛西などの新興住宅地では中学校受験を志す場合もあるようですが、その理由も「江戸川区の都立に行かせたくないから私立に行く」という消極的なものが多々見受けられます。お子様の将来を案じるのであれば、ぜひ、早期より東都ゼミナールをご利用いただくことをお勧めします。

教育事情

なお東都ゼミナールは他塾に比べ、お子様に負荷をかけるスタイルのため、「塾に入れたからもう安心」というわけにはいきません。時にはお子様が弱音を吐く場合もあると思います。そんな時「可哀想だから」と甘やかすか、「今頑張らないでいつ頑張るの」と送り出すか、保護者の方々の対応によって、お子様の将来も変わってきます。
日頃からお子様の勉強に関心を持つこと、そして私達の取り組みへのご理解とご協力をお願いいたします。
不安・不明な点も多々あると思いますが、東都ゼミナールでは、保護者の方々と目線を合わせるために、日々の情報共有を密に行っていますので、ご心配なく。将来の目標を一緒に共有し、困難な闘いを共に乗り切っていきましょう。


定期テスト上位5人中3人が東都ゼミナールの塾生!?東都ゼミナールならお子様一人一人を成長させることができます!

保護者様からの声をご紹介

  • 成績が上がりました!

    成績がグングン上がりました。やればできることを、本人が知ることが出来て、とても良かったです。

    (中3 男子 母)

  • 塾に行くのを張り切っています!

    いい成績が取れていますし、塾に行くのを全く嫌がらずに、張り切っていく姿を見ると安心です。
    東都ゼミナールに入塾して良かったと思います。

    (中1 男子 母)

  • 勉強の習慣が付きました!

    塾に通うことで、子供の学習習慣がつき、成績も伸びているため。

    (中1 男子 母)

  • 塾とてもきめ細やかな指導です!

    とてもきめ細やかな指導。
    授業の他に学習をみてくれる。

    (小学部コース 母)


江戸川区の中学校教諭からも支持を得ています!

高校受験、とりわけ都立受験は独自の出題形式が存在し、学校の授業で万全な対策をすることは不可能に近いです。「受験対策は塾」、我々教員も心の底では塾の必要性を感じています。
では、高校受験において、合格するかしないかの最大のポイント=塾選びのポイントはどこにあるのでしょうか?私は結局のところ物量がものを言うのだと思います。
つまり「子供に課題をやらせきれる塾かどうか」という部分です。たかだか1コマの授業で生徒にできることは知れています。東都ゼミナールの武器は「授業外」にあると思います。宿題は多いです。
しかし、講師はきっちりとそれを生徒にやらせきります。「家」で、ではなく「塾」で、です。だからその場で本当に理解しているかどうかを確認できるのです。これは大手の他塾には真似できないことです。是非、一度体験をしてみてはいかがでしょうか。


メディアにも掲載されています!

中里塾長

総合情報WEBサイトAll About

偏差値20アップの秘訣を公開中!

allabout

経済情報誌「カンパニータンク」掲載

代表(一之江教室長):中里 太一
インタビュア:川村 ゆきえ
一之江教室と船堀教室の2教室を展開している学習塾、東都ゼミナール。小学4年生から中学3年生までを対象に、じっくり生徒と向き合った指導を行っている。

川村ゆきえ

多くの学習塾が集まる江戸川区にあって、中里代表が胸を張る同塾の特長は面倒見の良さ。時には保護者の了承を得た上で、明け方まで指導をすることもあるのだとか。「そのような経験をして成功体験を積むことで、子どもたちには自信とガッツが生まれるのです」。また、生徒に対しては一人ひとりの個性を重んじつつ、「自分の発言に責任を持つ」ことの大切さを伝えており、そのような指導を受けた生徒から「先生の指導を受けられてよかった」との反応が返ってきたときには、指導者としての醍醐味を感じるそうだ。今後は5年以内にもう1教室の開校を目指しているとのこと。これからのさらなる躍進が楽しみな人物だ。

【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら


まずは体験授業から!
2週間の無料体験授業の申し込みはこちらから

お電話でのお申し込み

受付時間 14:00 - 22:00 ※日・祝日を除く

※タップで電話がかかります