合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 受験のススメ > 中学生向け > 新中学2年生の3月の過ごし方

受験のススメ

< 子どもは忙しくさせる‼  |  一覧へ戻る  |  夜にならないと宿題を始めない子どもへの対処法 >

新中学2年生の3月の過ごし方



◆中2の過ごし方で進学する高校のレベルが決まる‼
●私立の最上位を目指すのであれば、勉強中心にすることが必要
中1は、勉強の得意な子どもも苦手な子どももカリキュラムに、大きな変化はありません。
しかし、中2になると勉強する内容が大きく異なります。
中3になった時に入試問題を使用した問題演習を行えるようにするために最上位校を目指すクラスではカリキュラムが加速します。
たとえば英語は夏までに中2範囲を終了させて中3範囲も冬には終了します。そして、3年生に上がる前までに高校範囲も学習します。
子どもの能力にもよりますが、この波に乗り遅れると取り返すのはかなり厳しいです。



●中だるみの期間を短くすることが大切
中学生活にも慣れて、後輩も出来ます。年齢的にも親のいうことは聞かなくなり、行動もだらしなくなっていきます。
目標もなく、だらしない行動をコントロールできる存在もいない。
一般的に中2は「中だるみの学年」と呼ばれています。
表1は、東都ゼミナールに2年生の3学期に入塾した子どもの学校の定期テストのデータの一例です。

【表1:2年生の3学期に入塾した子どもの学校の定期テスト(抜粋)】
  1学期期末 2学期期末 3学期期末
Aさん 380 330 365
B 420 392 416
D 408 365 402
E 379 363 407
F 419 393 433
G 376 357 384
378 340 419
304 324 382
277 203 281
 
この表の子ども達は、中2の3学期で東都ゼミナールに入塾した子どもです。
1学期と2学期については他塾に通っている子どもや塾に通っていない子どもも含みます。
 
2年生の1学期のテスト結果と2学期のテスト結果を比べて点数が上昇しているのは、16.6%しかいません。それ以外の83.4%の子どもは、得点が下がっています。
この結果に危機感を抱いた保護者なり本人なりが冬期講習や年明けから東都ゼミナールに通うようになり、3学期には91.6%の子どもが点数UPをしています。
 
1学期と3学期の成績を比べてみて下さい。あまり変化がないことが分かると思います。
一度下がった場合、まずは元の成績に戻り、次にさらに高みにという段階を踏む場合が非常に多いです。
 
最終的に上がるならば良いという考え方もあります。しかし、図1をご覧ください。これは、中だるみが有った子どもの場合と中だるみがなかった子どもの場合の定期テストの点数のイメージ図です。

   【図1:中だるみが有った場合と無い場合の点数のイメージ図】
 

こんなに順調に点数が上がることは稀なケースですが、中だるみ有の方は、表1で説明したように、これに近い得点の変遷をたどります。
実際に、3年生になってから東都ゼミナールに来た方は、点数の推移をみると中だるみ有のときのイメージ図に近いです。
 
●中だるみをさせない方法
成長過程によるものもあるので完全にコントロールすることは難しいです。大なり小なり生活はルーズになります。
ですから中だるみならないようにすることは無理だと思います。
大切なのは「中だるみ」になったとしても「テスト勉強だけはしないといけないな。」と思えるメンタルと行動です。
その前提条件が「学習習慣」と「成功体験」です。テストで悪い点を取りたくないやもっといい点を取りたいと思って努力できる子どもであれば、乗り越えることはできるのかもしれません。
しかし、中1の時点でテストに真摯に向き合っていない子ども
たとえば、自分のテストの結果を覚えていない子どもはテストを適当に受けている子どもといえます。一生懸命取り組んだテストの結果なら、良くても悪くても点数は覚えているはずです。
こういう状態の子どもは、塾なり家庭教師なりをつけて学習習慣か成功体験を早期に積ませることをお勧めします。
 
 
東都ゼミナールでは
中2の3学期に入塾してきた子どもが16.6%しか点数が上がっている子どもがいないのに対して、64.5%の子どもが1学期よりも点数が上がっています。


【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

カテゴリ:

< 子どもは忙しくさせる‼  |  一覧へ戻る  |  夜にならないと宿題を始めない子どもへの対処法 >

同じカテゴリの記事

中学2年生の4月の過ごし方



◆英語が苦手な子どもは4月が無理なく取り戻せるギリギリのタイミング

●中1の英語
中1の1学期はアルファベットと単語を中心としたテストのため、普通に勉強をしていれば90点以上はとれます。
2学期の中間テスト以降はThis is~のbe動詞の文や、I play~など一般動詞の文などの主語と動詞を中心とした学習をします。
この辺までは、たいして分かっていなくても、基本的にはdon’tやdoを使うか使わないかの2択なので、教科書をある程度読んだ子供や、授業やワークを通じて英文をそれなりに書いている子どもは、英語の理解をそんなにしていなくても90点台は取れます。
問題なのは、2学期の期末以降です。2学期の期末からは、He doesn’t play~やHe didn’t play~など主語の人称や単数・複数の判断や過去形か現在形かの判断も必要になります。
そうなると区別しなければいけない情報や、覚えておかなければいけない知識がふえるため、正答率が一気に下がります。
それでも、学校の定期テストは、基本的には過去形をやったら過去形を中心とした出題をされますし、canが範囲になっていればcanの問題が多く出題されます。ですから、きちんと理解していなくても、なんとなく答を書いたら正解してしまうという場合が多くあります。


中学2年生の4月の過ごし方の続きを読む

中学2年生の2月の過ごし方



◆学年末テストで必ず成績を上げる‼

2月末の定期テストがとにかく重要です。
ここで成績を上げることが最重要です。卒業生のデータを参考に2年生の学年末が大切な理由を説明します。


中学2年生の2月の過ごし方の続きを読む

中学2年生の1月の過ごし方



◆成績上昇が望めない子どもの発想
年が明けると、不思議と気合が入ります。「今年こそ‼」と漠然と目標を立てます。
たとえば「学年で10番以内をとる」や「今年は心機一転頑張る」という子どもは
どちらも成績が上がるということはないと思います。
「きっかけ」をつくるために気持ちを変化させることは重要です。
しかし、本当に変えなければいけないのは「行動」です。
大切なことは「頑張ろう」という意欲ではなく、その気持ちを「計画」にして「行動」をして「記録」していくこと。そして「継続」していくことです。


中学2年生の1月の過ごし方の続きを読む

中学2年生の12月の過ごし方



◆環境を変えるギリギリのタイミング
現状の子どもの成績や学習状況に不満・不安を感じている方は、「塾に通い始めようか?」とか「塾を移ろうか?」と考え始める時期だと思います。
今度の目標は、短期的には中2の3学期の期末テストでいい結果を残すことです。このテストで3年生にむけての弾みをつけられたら理想です。
しかし現状で上手くいっていない場合、同じことを続けていても3学期も現状維持、もしくは下降する可能性が高いです。
定期テストの結果が出て、春期講習から塾に通う、または塾を移るという流れになっていきます。
環境を変えるというのは子どもに限った話ではなくストレスがかかります。
その環境に慣れるまでに、2~3カ月くらいはかかるものです。
ですから、短期的にみたら定期テストの結果を何が何でも追わなければいけない状況ですが、現状を考えた時に一番大事なのは中3です。なるべく良い状況で中3を迎えるためには、春からより12月から環境を変えた方が中長期的には子どもに一番負担がかからないタイミングだと思います。


中学2年生の12月の過ごし方の続きを読む

中学2年生の11月の過ごし方




◆定期テストでは3学期につながる取組みの変化が必要

中3になったら定期テストは失敗できないということは多くの方がご存知です。
しかし、中3になって急激に頑張れる子は、本当にごく少数です。
多くの子は、今までの生活やテスト勉強のスタンスを変えることができません。
テストの結果も上がることはありません。


◆卒業生のデータ
以下の表は、卒業生の過去3年分のデータです。
2学期の中間テストを基準に、その後のテストが、どのように変化したかをパターン別にまとめました。

【過去3年分の卒業生のデータ一覧】
  2年2学期期末 2年3学期期末 3年1学期期末
パターン1 UP UP UP
パターン2 UP DOWN UP
パターン3 DOWN UP UP
パターン4 DOWN DOWN UP
パターン5 DOWN DOWN DOWN
 
(1)2学期末が2学期中間よりもUPした場合(パターン1とパターン2)
  2年2学期期末 2年3学期期末 割合 3年1学期期末
パターン1 UP UP 84.6% UP
 
パターン2 DOWN 15.4%
 
塾生のデータを見ると2学期の期末が中間テストよりもUPした場合、2年3学期末で点数が落ちても、3年生の1学期のテストでは100%の生徒が成績を上げています
また、3学期に成績を下げた子は全体の約15%なので、多くの子は、このテストをきっかけに上昇していることが分かります。
 
(2)2学期末が2学期中間よりもDOWNした場合(パターン3~パターン5)
  2年2学期期末 2年3学期期末 3年1学期期末 割合
パターン3  
DOWN
UP UP 33.3
パターン4 DOWN UP 22.2
パターン5 DOWN DOWN 44.5
 
【パターン3】
学校の先生も「2年生の3学期は、3年生の0学期だと思って取り組むように‼」ということを話しているようです。また、塾でも2年生の3学期は本気で取りにいかせます。その結果が、2学期に成績が落ちた子の約30%の生徒には成果として出るようです。
【パターン4】
「3年生になったら頑張る」という子が、よくいます。現実に、頑張る子は2学期の期末テストで成績が落ち子どもの22.2%ということが分かります。
【パターン5】
ずっと落ち続けるパターンです。44.5%もの子が2学期末に成績が上がっていないと、そのままズルズルと成績が落ちていくことが分かります。やるべきときにやれない子どもは、変わることができないという証明になると思います。
 

◆まとめ
①2学期の期末テストで、成績を上げることができれば、大きなアドバンテージになる。
②2学期の中間テストに比べて下がったらそのまま下がり続ける可能性は50%