合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 受験のススメ > 信じられない。冬期講習が3学期を大きく変える!!

受験のススメ

< 中学2年生の11月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  集中力が手に入る方法‼ >

信じられない。冬期講習が3学期を大きく変える!!

冬期講習が必要な理由

1.全学年共通の理由

春は新学年の先取り学習をしたほうが良いから。
→冬で解決しないと苦手な科目、苦手な単元を残したまま進級することになります。

2.中学1年生の場合

①来年の方が学習内容も難しくなるから。
②学習習慣や生活リズムもコントロールしづらくなるから。
→中学生活への慣れも進み、成長過程の点からもルーズになる子どもは非常に多いです。

3.中学2年生の場合

3学期の期末テストで成績が下がると3年の1学期も下がる可能性が高いから。
→2年生の3学期で点数が下がった場合、3年1学期で成績が上がる子どもは、
過去の塾生のデータを調べると約33%しかいません。
つまり約67%の子どもは、3年生の1学期も成績が下がることになります。

冬期講習から始めなかった場合

東都ゼミナールに入塾する前の子どもの2学期の期末テストと3学期の学年末テストの結果を調べました。

【東都ゼミナールを始める前の子どもの2学期と3学期の定期テストの比較】
  • 点数が下がった人(42%):最大-58点、最小-11点、平均-34.0点
  • 点数が上がった人(58%):最大+17点、最小+1点、平均+9.7点

42%の子どもの点数が下がっています。5教科合計の下がった点数は最大で58点、平均では34.0点下がっていました。

58%の子どもが点数は上がっていることになりますが、5教科合計の上がった点数は最大で17点、平均では9.75点でした。ですから1教科あたり2点弱しか上がっていないことになります。

点数が上がっている子どもの割合は、下がった子どもよりも高いですが、上がった点数と最大値を比べると、ほぼ横ばいという子どもの方が多いことが分かります。

東都ゼミナールで冬期講習から始めた場合

【冬期講習から東都ゼミナールを始めた子どもの2学期と3学期の比較】
  • 点数が下がった人(14%):最大-12点、最小-6点、平均-9.0点
  • 点数が上がった人(86%):最大+107点、最小+15点、平均+45.0点

86%の子どもが冬期講習から東都ゼミナールに通うようになって成果を上げています。
また、点数の上げ幅も東都ゼミナールに来ていない子どもと比べて平均で約5倍上がっています。

「3学期こそ結果を変えたい‼」の気持ちを問い合わせに‼

お問い合わせはこちら

冬期講習

【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

< 中学2年生の11月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  集中力が手に入る方法‼ >