合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 受験のススメ > 小学生向け > コミュニケーション力を鍛える方法

受験のススメ

< 中学2年生の12月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  中学2年生の1月の過ごし方 >

コミュニケーション力を鍛える方法



企業の採用基準や配偶者に求める能力に「コミュニケーション力」を挙げる割合は低くありません。
勉強ばかりやっていて、コミュニケーション力が育たないということをいます。しかし、教えている側として思うのはコミュニケーション力がない子は、勉強も出来ません。
ですから、ニワトリとタマゴの関係ではないですが、勉強ができるよう子はコミュニケーション力がある子が多いし、コミュニケーション力がある子は、勉強の習得も出来るようになるのが早いです。(もちろん、何でも複合的な要因があるので、100%ではないですが…)
いずれにしても、コミュニケーション力はあったほうが良いのは共通の認識だと思います。
今回は、子どもがコミュニケーション力を高める方法について紹介します。


◆方法
①大人との会話を増やす
②集団で行うスポーツや地域の行事に参加する

 
 
◆大人との会話を増やす
コミュニケーションに限らずですが、なんでも経験がモノを言います。
つまり、場数を踏むことでコミュニケーションも上達していきます。
大切なのは、大人(同世代以外)との会話の場を増やすことです。
昔は、家に帰れば、お祖父ちゃんやお祖母ちゃんがいたり、学校が終わって外で遊ぶときには、学年が上のお兄さんと一緒に遊んだりと、今と比べると世代を超えたコミュニケーションの機会というのは格段に多かったように思います。
しかし、核家族化や共働きの拡大により、現実的に大人との会話を増やすことが難しくなってきました。
ですから意識的に、同世代以外とのコミュニケーションを増やす場を作っていく必要があります。
また、子どもを大人のいる場に積極的に連れていくというのも有効な方法のようです。
授業中の雑談で、「この間の休み何をしていたの?」と子供に聞くことがあります。よく出てくるのが、「お祖父ちゃんの家に行ってきた。」とか「親戚の集まりがあった」なんて答えが返ってきます。
ここからが大事なところです。
「そこで何をしたの?」と聞くと、勉強が得意ではない子は、「ゲームをしていた。」と答える子が圧倒的に多いです。
それに対して、文章読解力がある子や言葉をよく知っている子は「お母さんの妹も来ていて、お母さんとお祖母ちゃんに旦那の悪口を言っていたから、皆でおばさんを励ましていた。」なんて話をします。
要するに、同世代の中では出てこない言葉をたくさん浴びているわけです。
また、周りの人達も、この子のことを子ども扱いしていないということがポイントです。子どものレベルに合わせて話をするのではなく、子供を大人として扱っているというところが大切なポイントです。
現状の感性に合わせているだけだと成長はしません。使っている言葉のレベル、話の内容をドンドン高度なものに上げていくことが大切です。
 
◆集団で行うスポーツや地域の行事に参加する
先程紹介した例は、子供の感性を上げるために有効な方法ではありますが、頻度は高くすることは、仕事の予定やご親族の住んでいる距離などの問題で、ご家庭によっては難しいと思います。
そこで有効なのが、野球やサッカーなどの団体競技の習い事を始めることです。学年が上の子も下の子もいるので、コミュニケーションの対象の幅を持つことが出来るし、体を動かすことは、体の成長にも脳の成長にも良いです。
また、集団競技は、周りとのコミュニケーションが無くてはチームが強くなっていきません。この部分が、個人競技では経験できないところなので、早いうちから行っておくことをお勧めします。
また、地域の行事に参加することは、さらに幅広い世代の人たちとの交流を持つことが出来ます。
そこで経験した一つ一つはとても貴重な体験になるはずです。そういった意味では、ボーイスカウトなんかも同様の経験が得られます。
 
 
◆東都ゼミナールでは
①オープンスペースで授業を行うため、小学生でも中学生がどのように過ごしているかということを実際に普段から体感することが出来るため、何年後かの自分を想像することができます。
②勉強を通じて、コミュニケーション力の向上も図っていきます。具体的には、国語では読解問題を通じて心情を理解する力を向上できますし、全教科的に題意に沿わないと正答にはなりません。ですから、出題者の意を酌む練習をすることで、他者との関わりに生かすことが出来ます。
 


【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

カテゴリ:

< 中学2年生の12月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  中学2年生の1月の過ごし方 >

同じカテゴリの記事

集中力が手に入る方法‼



お子様は以下のような状態ではありませんか?
①すぐ終わりそうな宿題なのに、いつまでも時間をかけてやっている。
②勉強をしていないわけではなさそうだけど、終わった量を見ると全然進んでいない。

自分の子供がこのような状態だと、学年が上がるにつれて、やらなければいけない事が増えていくわけですから、時間が足らなくなります。
それを解消する方法を今回は紹介します。


集中力が手に入る方法‼の続きを読む

小学生で身につけて欲しい‼「何よりも大切なこと」



◆一番大切なこと=子供が時間の管理をできること
私立中学受験を考えているご家庭、公立中学校進学を考えている、平日の夕方は習い事が沢山入っているご家庭。小学生が、一番多くのご家庭のパターンがあります。
どういう志望をお持ちでも、子供が時間を管理できないと現状からの成長は難しいです。
私立中学受験をお考えの場合は、やらなければいけない科目は多岐にわたり、覚えなければいけない知識も膨大です。
それらをしっかりと意味のある形で行っていくには、効率的な時間の使い方というのはとても重要です。
また習い事を多くしているお子様も同様です。睡眠時間を考えると如何に効率的に家での時間を過ごすかは大切です。
 
◆時間管理の重要性に気付きづらい公立中学校進学予定の子
学年が同じな以上、公立中学校進学予定の子も「時間を管理する」というのは能力として持っていなければいけません。
しかし、公立中学校に進学予定する子は時間管理が下手な子が多いです。
理由は簡単です。私立中学受験を予定している子も習い事を多くしている子もやらなければいけないことが多いです。ですから、時間管理が出来ないと上手くいきません。
それに対して、公立中学進学予定者は、やらなければいけないことが少ないので、時間管理を厳密にしなくても終えることが出来ます。
結果として、時間管理をするトレーニング不足のまま中学に進学することになります。
 
◆時間管理が上手くいかない理由
個別にみると色々な事情はあるのですが、一番根底にある問題は、この「事情」です。
子供が「やらない事情」を「出来ない理由」にして、やるべきことを先延ばしにしていることです。
そして、その状況が改善しないのは、是正する立場の人が「その事情」を許容しているからです。
ゼロ・トレランス方式が完全に正しいとも思いませんが、要素として取り入れる必要があると思います。
例えば、子供に「家に帰ったら、まず宿題をやりなさい‼そして、その後で、好きなことをしなさい。」というご家庭は多いです。
理念は正しいです。「やるべきことをやる→やりたいことをやる」というサイクルを作りたいわけです。
 
子供に理念だけを訴えても、難しいです。大切なのは、行動を植え付けることです。
よくあるパターンとしては、保護者の方が「家に帰ったら、まず宿題をしなさい。それが終わったら遊びに行っていいから」と子供に伝えます。
子供は「わかった‼」といい、保護者の方も一安心。
そして、夕方、保護者の方が家に帰ると、部屋には、中身がそのままのランドセルが置いてあります。
ワナワナしていると、子供が帰ってきます。
「宿題は?」と聞くと「これからやろうと思っていた。」なんて言う会話が始まります。
当初の話と違うけど、これからやるならいいかと我慢すること1時間、2時間…。
晩御飯も終わったころ…「いい加減にしろ‼」と怒りを爆発させます。
そして、そこから眠い目をこすりタラタラと宿題をやり…眠りにつく。
翌日もその繰り返しです。
そのサイクルをやっている限り、時間管理を上手く出来るようになることはありません。
 
◆時間管理を出来るようにする方法
アメとムチをしっかりと使い分けましょう。
しっかりと当初の予定通りに出来ていたら、アメを与えます。つまり、自由な時間を自由に使わせてあげます。ゲームでもいいです。ダラダラするのでもいいです。
しかし、出来ていない場合は、しっかりと罰を与えましょう。例えば、翌日は遊びを禁止して、家で宿題と別課題もやらせるとか、夕食の片づけを一人で全部させるとかでもいいと思います。
ここを、「じゃあ次からは気を付けるんだよ。」と言って、翌日、翌々日と引っぱり最終的に爆発をさせる家庭や、「もう遅いから寝なさい」と時間で切っちゃうご家庭は、ムチがムチになっていないので上手くいきません。
ルールを示し、それを粛々と進めることが大切です。
 
◆問題点
この方法を使えば、時間管理をするという課題についてはクリアできます。
しかし、実際の勉強のクオリティーの部分は解決されていません
例えば、宿題はやってあるけど、その宿題は答えを写しているかもしれません。また、調べながらやったので、全然出来るというレベルにはなっていないかもしれません。
時間管理と勉強のクオリティーの維持を身に付けさせることは結構大変です。
長いようで短い小学生時代。この2つの能力の習得を別々にやっていくには時間が足りません。どちらも気を付けていく必要があります。
勉強のクオリティーの確保については、他の記事にも色々書いてありますので、ご参照ください。
 
 
◆東都ゼミナールでは
共働きの増えた現在。現実的に夕方に毎日チェックするというのは難しいです。また、宿題のクオリティーまでを確認するとなると、ハードルはかなり上がります。
そこで、東都ゼミナールでは、お忙しい保護者の方に変わって、
①14:00~17:00の時間は、小学生の学校の宿題の確認も代行いたします。
②学校の宿題だけでは足らないお子様に関しては、別に課題も出します。
③小学校からずっと通って頂いた方は、高校受験で全員が偏差値70以上の高校に進学しています。(記事作成段階での実績)
 


小学生が親に反発したくなる瞬間



◆子供が一番嫌がること
年齢と共に子供は親に反発するものです。そもそもずっと管理下に置くことも出来ないし、その状態が続くことも子供にとって良くありません。
 
とはいえ、「勉強する」など将来のために必要な能力や経験を積ませようとすると、子供一人ではなかなか難しい現実があります。
 
ですから保護者の方も、子供のその状況を見かねて「勉強しなさい!」というのだと思います。このセリフが、ご家庭によっては子供が反発してくるという話をよく伺います。
 
「なぜ?そのような状況になるのか?」ということを塾に通っている子供達に聞いてみると表現は違いますが、概ね同じことを言います。
 
それは「親自身がやっていないのに子供に押し付けるように言うのが嫌だ!」ということでした。
 
例えば、子供には、「勉強しろ!」と言っているのに親はテレビを見ているという状況に腹を立てて、つい反発するようです。
 
正直、この意見は、とても下らない言い訳でしかないと思います。
親と子供では立場も違います。行っている仕事の多さも背負っている物の多さも全てが違います。
それを、都合の良い所だけ、同じ土俵に上げて、「なぜ親がやらないのに子供にだけやらせるんだ?」という意見は全く的外れです。
 
この意見は、結構、多くの親の共感を呼びます。
とはいえ、この考えに共感している以上、子供が親に反発する状況はずっと続くことになります。
なぜなら、親と子供では立場が違うということを説いたところで、子供にはわかりません。(そういう話自体は、した方がいいですが…。)
 
また、理屈で子供を詰めることは簡単です。しかし、それで子供を黙らせたところで、「じゃあ勉強するか…。」という風には絶対になりません。
 
◆解決策
良くも悪くも子供って親に似ます。
「自分自身は勉強をやっていなかったけど、自分の子供にはしっかりと勉強してほしい。」といって子供に勉強をさせたいと願う親がいます。
「親がこんなんだから子供には全く期待していないよ!」といって本当に放置をしている親もいます。
「自分も子供のころ勉強をやらされたから、子供にも勉強をさせたい」と願う親もいます。
 
それぞれ違った背景があるので、違った思いを抱きます。
 
けど、親と違うことをさせたいと願うのであれば、親自身が今までの自分とは違う行動をとらないといけないと思います。
 
実際に、こういう悩みを持っていない子の家って、お父さんやお母さんが読書家だったり、趣味や教養の1つとして語学の資格の勉強をしていたりする方が多いです。
 
 
子供の考えを変えることは出来ません。
けど、自分は変えることができます。
 
もし本当に、子供が勉強をするようになることを願うのであれば、親自身も勉強するしかないと思います。
 
何も、子供の勉強を一緒にやる必要はありません。自分の趣味の勉強でも、近くで家事をしていても良いと思います。
 
ただ、子供に言うのではなく自分自身も変わるということが必要ですね。結局、成長を求めるのであれば、親自身も成長する努力を怠ってはいけないっていうことですね。
 
◆東都ゼミナールでは
実際に、それが出来ないから困っているという保護者のお手伝いをします。
①塾生であれば、学校の宿題・塾の宿題は全て塾でやることもできます。
②もちろん、しっかり出来ているかの確認もします。
③費用は基本の授業料だけです。
④家は勉強する場所ではなくくつろぎの空間としてとらせることで、ケンカを減らすことができます。



小学校6年生で英語を勉強するメリット



今の学習状況や成績状況に関わらず、小学6年生のうちに英語を勉強するメリットを「勉強が苦手な子どもの場合」と「勉強が苦手ではない子どもの場合」にわけて説明します。
 
◆勉強が苦手な子の場合
勉強が苦手な子には、色々な原因があります。教えていて感じる主な原因は2つです。
①勉強に対して自信がない。②勉強の経験値が足らない。
この2つの原因は相互に関係しています。勉強をしない=勉強の経験値が足らない→勉強ができない→自信が持てない→嫌になってさらに勉強をしない=勉強の経験値がさらに足らない→勉強ができない→さらに自信が持てない
このスパイラルを断ち切る唯一の手段は勉強をすることです。
しかし算数や国語を勉強しても子供が自信を持つようにすることは難しいです。
 
理由としては
①他の同級生と差がついていることを子供自身が自覚している科目だから
②今まで勉強していない子を、他の同級生以上に勉強させることは現実的ではないから
 
小4・5年生なら勉強ができないから塾、公文、学研教室に通わせて国語や算数を勉強させても改善できる余地は多分にあります。
しかし6年生からだと子どもの勉強の方法や習慣も固まっています。さらにカリキュラム的にも算数・国語は同級生に追いつくまでに時間がかかります。
そこで英語を勉強させることで現状打破のきっかけを作ることができます
では、次は英語を勉強するのは良い理由について説明します。
 
◆英語を勉強するのが良い理由
①小学生の期間、英語は評価の基準になっていないから
優越感や劣等感というのは他者との比較で生じます。今までは、他の子に比べて点数が悪い。授業中に友達がすぐ答える問題を自分は答えることができない。そういう想いから、自分は勉強が苦手だと思っていきます。
しかし英語は小学生の間に学校のテストがありません。ですから、勉強が苦手だという先入観を持たずに勉強を始めることができます
 
②その子の現状に合わせて指導ができるから
中学生になると入学して3カ月後には定期テストがあります。ですから3ケ月で単語をしっかりと覚えられる練習や文法を理解して英文に直せる練習をしなければいけません。
それに対して、小学生の間はテストもありません。ですから不器用な子でも、その子に合わせて単語の覚え方や覚える個数を調整することができます
 
③単語を覚えることも年号を覚えることも公式を覚えることも、やり方は同じだから
勉強が苦手だという子どもは、科目に限らず最低限覚えないといけないことを覚えていないことが圧倒的に多いです。
漢字の書き取りすらままならない子どもが文章読解をできるはずがないし、いろいろな図形の面積の公式を覚えていない子どもが図形問題をできるはずがありません。
「覚える」というトレーニングは英語がうってつけです。漢字の場合、学校でテストがあるため覚える量も多いです。算数は子ども一人でどうにかできるレベルを超えていると思います。英語であれば、まずは1日単語を1つ覚えることから始めようというトレーニングでも成果を出すことが可能です。
 
④暗記の方法や習慣が身に付くと他の科目にも良い影響を与えるから
学生の間は「知識を覚える→覚えた知識を運用する」というのが勉強です。勉強が苦手な子どもは覚えた知識を運用するというステップにいたっていないことがほとんどです。
まずは英単語の練習をすることで知識を覚えるという作業のコツを身に付けることができます。つぎに英文法の学習をすることで覚えた知識を運用する練習もできます。その2つの能力が身に付くことで、漢字の書き取りの能力は上がります。また算数の公式や基本的な解法テクニックを覚えることもできます。結果、読解問題などの最終的に越えなければいけない壁を上るためのきっかけを作ることができます。
 
勉強が苦手な子でも英語を勉強することで「勉強をするという経験値」を増やすことができて、その積み重ねが他教科の学習にも影響を及ぼし、子どもが自信をもつことにつながっていきます
 
◆勉強が苦手ではない子ども場合
ここからは現状、子供の成績には困っていないという子どもが小学生の間に英語を勉強するメリットを説明します。
①上位の学校になるほど英語が苦手な受験生はいないから
高校受験では上位の学校で英語が苦手な子はほとんどいません。英・数・国で合格者平均点を並べると、一番点数が高いのが英語、次が国語、最後が数学です。ですから、英語が出来ないという場合、高校受験では大きなハンデになります。そうならないように小学生の内から英語については万全の対策をしておくことが必要です。
 
②高校受験では学校によっては高校範囲からも出題されるから
学習指導要領で決められている範囲外からも出題されることがあります。これは早慶付属校のような最上位の学校ではなく日東駒専レベルの中堅と呼ばれる大学の付属レベルの学校でも出題されています。その問題に対応するためには小学6年生から英語を始めることで高校範囲の学習をすることが時間的に可能になります。
 
 
◆東都ゼミナールでは
①小学生から英語を受講した子どもが英検準2級を受験した場合、100%が取得しています。
②中学3年生2月で大学入試センター試験を200点満点中150~180点とっています。
③受講生の90%以上が定期テストで90点以上を取っています。
④受講生の100%が定期テストで90点以上を取っています。
 
※掲載時点でのデータ


子供を叱る時に注意すること



◆「なぜ」と「どうやって」は不毛
子育てをしていると色々な問題が出ると思います。
テストの点数が悪い。宿題をしない。親の言うことを聞かない。友人関係のトラブル…。
上げるとキリがないです。
こういう諸問題が起きた時に、大人はつい「なぜ?」おきたのか?「どうやって」解決するのか?ということを子供に問いかけます。
これは、意味がないです。多くの場合、期待する答えを言わない子供に大人はイラつきます。そして、正解のない質問に対して、大人に詰められて子供もイラつく。しかも結局、何も解決しない。誰も幸せになっていないことが多いです。
 
例えば、「朝起きることが出来ない」という問題が起きた場合
「なぜ?」から始めた場合。
「夜寝るのが遅いから。」⇒「それはなぜ?」⇒「宿題をやっているから」⇒「それはなぜ?」⇒「塾の宿題が多いから」⇒「じゃあ、宿題減らそう」ってなるか「塾辞めよう」ってなります。
「どうやって」から始めた場合
「夜早く寝る」⇒「今まで出来なかったのにどうやってやるの?」⇒「決まった時間になったらベットに行く」⇒「宿題はどうやってやるの?」⇒「朝起きてやる」⇒「朝起きられなかったら、どうやるの?」っていう…結局、何が原因で何が解決したいのか分からない状況になりがちです。
そして、どんどん説教は長くなり、子供もどこを改善すればいいのかが分からない。もしくは、子供も怒って話し合いにならないっていうことになることが多いようです。
 
 
◆「何」を改善するか?
「なぜ?」と「どのように?」という問いかけ自体は必要です。けど、これは最後の最後に使うべき項目です。
大切なのは、今目の前で起きていることをしっかりと把握することです。
図形の証明問題も同じなのですが…。例えば、三角形の合同を証明するときに、合同条件は「①3辺がそれぞれ等しい。」「②2辺とその間の角がそれぞれ等しい」「③1辺とその両端の角がそれぞれ等しい。」とあります。
この時に「なぜ」から始めても、答にはたどり着きません。その前提となる情報が分かっていないからです。その情報を整理するところから始めずに、ただ単に合同条件を当てはめたところで、正解にはなりません。
それと同じです。
 
まずは情報の整理。つまり「何?」から始めることが重要です。
朝起きることができないという場合、「朝起きることが出来ない」ということは結果です。
起きることができない理由を求める前に、その子に何がおきているのか時系列に整理します。
そうすると、改善するべき点が見えてきます。
多くの子の場合、16~20時くらいを無駄にしている場合が多いです。さらに夕食後もTVをみてダラダラ過ごす。
宿題に取り掛かる時間が22時からになっているので、寝るのが遅くなっている。
もしくは、勉強を始めた時間は17時くらいから始めてはいるけど、2時間で2題しか終わっていないというのが分かってくれば、その部分で更に何が起きているかを注視していくことになります。ダラダラやっているのが原因かもしれません。
または問題が難しすぎて手が出ないのかもしれません。
それは更にその部分で、何が起きているかを把握します。
その上で、それを改善するために「なぜ?」と「どのように?」という項目を話し合いの中に追加していきます。
 
◆東都ゼミナールでは
「何」が起きているかを把握することはとても重要です。しかし、何が起きているかを把握することは、最近のご家庭では大変です。そこで、東都ゼミナールではお忙しい保護者の方に変わって
①お子様の勉強の時間に関して「何」が起きているかを確認します。
②定期的にご家庭にご報告を致します。その上で、改善策をご提案いたします。
③改善に向かっての進捗状況についても、再度ご報告いたします。