合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • 2019/08/06講師ブログ定期試験勉強のしかた
    例年の出題傾向そのまま! 松江五...
  • 2019/08/02カリキュラム 船堀教室国語
  • 2019/08/01カリキュラム 船堀教室理科
  • 2019/08/01カリキュラム 一之江教室国語上位クラス
  • 2019/08/01カリキュラム 船堀教室理科
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 受験のススメ > 小学生向け > 子どもに合った勉強方法

受験のススメ

< 中学2年生の1月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  中学2年生の2月の過ごし方 >

子どもに合った勉強方法



本田真奈美という医学博士が書いた本に「認知特性」ということについて書かれているものがあります。
人間は、目・耳・鼻などの感覚器官と呼ばれるところで音やにおいなどの情報を取り、それを頭の中で理解します。
感覚器官としての役割は同じですが、情報のとり方は個人ごとに異なります。人によって得意なやり方があって、自分の得意な形で情報を受け取り解釈します。それを認知特性というようです


◆認知特性3パターン
①視覚優位者…映像として処理をするのが得意なタイプ
②言語優位者…文字を処理することが得意なタイプ
③聴覚優位者…音声を処理することが得意なタイプ

 
たとえば一枚の絵を30秒間見た後に、その絵には男の子が何人いたか?とか壁には絵が何枚かかっていたか?とか椅子に座っている男の人は何を飲んでいたか?という知能テストをやるとします。
その時に、視覚優位者は一枚の絵としてその情報を記憶します。ですから、答える時は、その一枚の絵を思い出しながら答えます。
それに対して、言語優位者は、男の子は4人。椅子に座っている男の人が飲んでいるものはコーヒーなどのように情報を言語に置きかけて覚えていきます。
聴覚優位者は、男の子は4人。椅子に座っているのは…と覚えますが、それを音声で覚えます。
 
以前、塾生でいた子は、完全に視覚優位者の子でした。ひとつの漢字を1枚の絵として覚えるので、「薔薇」という字よりも「日常茶飯事」の方が覚えるのが大変だと言っていました。つまり薔薇であれば「薔」「薇」という2枚の絵を覚えればいいけど、日常茶飯事だと「日」・「常」・「茶」・「飯」・「事」という5枚の絵を覚えるから大変だと言っていました。
また社会のノートを覚える時に、見開きのノートを1枚の絵として覚えて、問題を答える時には、「ノートの右下に書いてあったやつだ‼」という風に答える子もいます。この子も視覚優位者なのだと思います。
 
◆3つの認知特性はさらに分かれる
視覚優位者・言語優位者・聴覚優位者は、それぞれがさらに2つのタイプに分けることができるようです。
(1)視覚優位者
①カメラタイプ…写真のように映像を2次元的に捉えて考える
覚えたい情報をイラストなどでイメージ化して覚えると効果的
②3Dタイプ…空間や時間軸を含めて動画のように映像認識をする
講義ビデオなどの映像で学習すると効果的
(2)言語優位者
①ファンタジータイプ…文字・文章を映像化して考える
図版や資料写真に解説文をつけることで記憶の定着率は上がる
②辞書タイプ…文字・文章を図式化して考える
ノートまとめなど書きだすことで知識が定着する
(3)聴覚優位者
①ラジオタイプ…文章を音として捉えて考える
ICレコーダーなどで録音して何度も聞くと知識が定着する
②サウンドタイプ…音階・メロディーもイメージ化して考える
ラジオタイプと同じように、記憶したい内容を音声化して覚えると効果的
 
自分の子どもがどのタイプかは「本田式認知テスト」で検索すればテストをすることができます。
 
◆大切なことと問題点
一番大切なことは、子どもの特性を知ること。そして、それに合わせた学習をすることだと思います。
ネットで検索して適性テストをすれば、子どもがどのタイプかはわかります。
しかし、子どもに合わせた学習という部分はご家庭でよほどしっかりと管理しないとうまくいかないと思います。
 
なぜなら現状の日本で知識をインプットする場所は学校や塾だと思います。そして、学校や塾では講義が中心になります。
つまり音声が中心です。ですから視覚優位者の場合は、意識的に音声を映像化しなければいけません。また言語優位者の場合は音声を頭の中で言語化しなければいけません。
 
この「意識的」というのが子どもには難しいようです。基本的には、子どもは授業の受け方に対して無自覚です。
授業で先生が与えられた情報を漫然と受け取ります。そして、その情報は右から左に流れていきます。授業後に何を勉強したかを確認してもほぼ覚えておらずやった問題を解かせても自力では出来ないという子どもも多いと思います。これは自分の認知特性を生かした情報の受け取り方の練習をしていないことも原因の一つだと思います。
 
 
◆東都ゼミナールでは
授業や課題を通じて、子どもに合った情報処理の仕方をトレーニングします。
授業内の様子から、その子どもの適した処理の仕方を指摘して、授業や課題を通じて意識的に情報を処理できるようにします。
 
 

【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

カテゴリ:

< 中学2年生の1月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  中学2年生の2月の過ごし方 >

同じカテゴリの記事

読解力が全て



中学生は小学生の延長線上にあります。
中学受験をしなくても小学生の間に獲得しておかなければいけない能力はあります。
その能力を身に付けず中学生になると悲惨な未来が待っている可能性があります。


読解力が全ての続きを読む

子どもの無自覚な時間の使い方を直す方法



◆こんなことありませんか?
「早くしなさい。」「さっさとご飯食べなさい!」「いい加減片付けなさい‼」
「はやく」「さっさと」「いい加減」…。
このように子どもの行動を急かすことはよくあると思います。
 
はやく朝ご飯を食べて学校に行かないといけないのに、まだご飯を食べている子ども。
 
それに対して仕事から帰ってきて、急いで晩御飯の支度をして、お風呂に入れて…と分刻みで動き回っている保護者。
 
大人と子どもでは体感時間が大きく違います。


子どもの無自覚な時間の使い方を直す方法の続きを読む

意見ができる子どもに育てる方法



◆子どもの論理的でない話を理解してはダメ‼
多くの子どもは高学年になるまでは、学校であったことや友人関係のことをたくさん話します。
けど低学年の子どもが、話している内容を理解することは難しいです。
主語がない。起きた出来事の順番ではなく、思いついた順番に話す。話題が急に変わる…。
 
僕の場合は、甥がいるのですが、彼が何の話をしているのかよく分かりません。
それでも親は流石。
しっかりと子どもの話の要約ができて、話を理解してしまいます。
 
しかし、これが子どもの論理力が発達するのを妨げています。
 
親にしか分からないレベルの論理力やプレゼン力では、将来、使い物になりません。
親は子どもの話が論理的でない場合には、理解してはいけません。



意見ができる子どもに育てる方法の続きを読む

夜にならないと宿題を始めない子どもへの対処法



◆夕方の時間に宿題をやる優位性
学習効率の観点から見ると、脳科学的に朝は苦手なことや新しいことを始めるのに適した時間。そして夕方は単純な作業や今まで学習した内容の復習をするのに適している時間らしいです。
 
だから、朝に学校で新しい内容を学び、夕方に朝の授業内容を宿題で復習するというサイクルはとても理にかなったサイクルと言えます。
 
夕方に宿題や勉強をやらないと、夜に勉強をすることになります。夜は、どうしてもダラダラしてしまうので、普段なら10分で終わるものに30分以上かかるということも珍しいことではないようです。
 
就寝時間が遅くなり、十分な睡眠時間も確保できなくなります。そして翌日の午前中のパフォーマンスが落ちて、学校の授業をきちんと聞けなくなります。成長の観点からも睡眠時間は確保したほうが良いです。
 
 
大人はそんなことは分かっています。だから、夕方に勉強をしておくことを子どもに伝えます。けど、実際にそれが上手くいかない。
 
お母さんが仕事から帰ってきて、ご飯の支度をしながら子どもに勉強をしたかを聞くと、大体の場合は終わっていないと答える子どもが多いようです。
または終わったというから信じていたら実はやっていなかったことが後日発覚したという話もよくうかがう話です。


夜にならないと宿題を始めない子どもへの対処法の続きを読む

子どもは忙しくさせる‼



■中学生になったときに避けたい事態
①作業が遅い
②ダラダラする時間が長い
③集中力の持続力が短い

 
中学生になったときに、①~③のような子どもは成績が伸び悩みます
保護者の方から伺った話や、小学生の時から通っている子どもを見ていると、基本的に中学生になってからの作業スピードや作業効率の能力は小学生のときの延長線上にある子どもが多いようです。
 
つまり小学生のときからできない子は中学になってもできないということです。時間の経過は何も解決しないということです。


子どもは忙しくさせる‼の続きを読む