合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 受験のススメ > 小学生向け > 子どもは忙しくさせる‼

受験のススメ

< 中学2年生の2月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  新中学2年生の3月の過ごし方 >

子どもは忙しくさせる‼



■中学生になったときに避けたい事態
①作業が遅い
②ダラダラする時間が長い
③集中力の持続力が短い

 
中学生になったときに、①~③のような子どもは成績が伸び悩みます
保護者の方から伺った話や、小学生の時から通っている子どもを見ていると、基本的に中学生になってからの作業スピードや作業効率の能力は小学生のときの延長線上にある子どもが多いようです。
 
つまり小学生のときからできない子は中学になってもできないということです。時間の経過は何も解決しないということです。


■原因
まず、作業が遅く、ダラダラする時間が長い子どもになってしまう原因について説明します。
●トレーニングが足らない
大きな理由はトレーニングが足らないということです。
作業効率や作業スピードは、反復で身につきます。いくら言葉で説明してもできるようにはなりません。
たとえばテニスの錦織選手のついているコーチが、全くの素人に技術を説明して、素人が、いきなり錦織選手と同じ技術を身につけられるかと言われれば、それは無理だというのと同じです。
 
●スマホ・タブレット・ゲーム機などのデジタル機器に対してのルールが曖昧
デジタル機器に対して、全く触れないということは今後の世界を考えると良くないことだと思います。しかし、子どもがやりたいときに無制限に行える状況、休日であれば無制限に行える状況、ルール自体はあっても子どもが破ろうと思えば簡単に破れて、その事実が発覚しても厳密なペナルティーがない状況の子どもは、中学生になるとさらにダラダラする傾向にあるように感じます。
 
次に、保護者の方は、なぜ中学生になるまで放置をしてしまったのか?ということについて説明します。
●小学校の広すぎる「できる」という評価の基準
小学校の通知表で「できる」が6割以上占める子が公立中学に行った場合、中学校での成績はオール4からオール2に近いぐらいの子どもまでいます。
中堅大学に進学できる高校は、オール4ぐらいの成績が必要です。オール3だと大学進学する子どもが限定的な高校、オール2だと公立高校への進学は、ほぼ無理です。
 
小学校の「できる」という評価は、それぐらいの幅があります。ですから、自分の子どものことを勉強がすごくできるとは思っていないけど、通知表的にも平均的な能力はあるのだと思っていたら、中学校になったときに考えたいたことと大きく異なっていたというのはよくある話です。
 
■解決策
(1)時間をルーティーン化する
たとえば習いごとを多くする・毎日1~2時間おこなえる課題を用意する・就寝時間をしっかりと決めるなどで子どもが自由に使える時間を限定的にします
そうすることで、ダラダラする時間を少なくすることが出来ます。
 
(2)ギチギチに管理することに抵抗を覚えない
子どもから自由を奪うこと・勉強ばかりさせること・ゲームなどに必要以上に制限を設けることに抵抗を覚える保護者の方は多いです。
バランスの問題だと思いますので、時間と作業できるものの目安を紹介します。
1日の数値的な目安としては、
①デジタル機器に触れて良い時間は1時間以内。
②勉強の時間は1~2時間。

その時間で、学校の宿題、別に問題集を算数と国語で3~4ページ・漢字などの暗記(漢検等の勉強)ぐらいは小学校の6年生までに出来るようにさせるのが理想です。
 
■東都ゼミナールでは
●お子様ごとにバランスを取って課題を調整します
紹介した勉強時間と作業量については、それができれば中学生になっても心配いらないスキルということで、子どもの発達段階にもよります。
いくら小学校6年生に君は小6だからこれぐらいできなければダメだと言っても、本人がこなせるだけのスキルがなければ逆効果です。
また、紹介したレベルであれば既にクリアしているのであれば、課題の量や難易度の調整が必要です。出来ることをずっと行っていても、その子どもの成長はありません。
そのバランスを東都ゼミナールでは個人ごとにとって、その子どもごとに対応しています。
 


【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

カテゴリ:

< 中学2年生の2月の過ごし方  |  一覧へ戻る  |  新中学2年生の3月の過ごし方 >

同じカテゴリの記事

意見ができる子どもに育てる方法



◆子どもの論理的でない話を理解してはダメ‼
多くの子どもは高学年になるまでは、学校であったことや友人関係のことをたくさん話します。
けど低学年の子どもが、話している内容を理解することは難しいです。
主語がない。起きた出来事の順番ではなく、思いついた順番に話す。話題が急に変わる…。
 
僕の場合は、甥がいるのですが、彼が何の話をしているのかよく分かりません。
それでも親は流石。
しっかりと子どもの話の要約ができて、話を理解してしまいます。
 
しかし、これが子どもの論理力が発達するのを妨げています。
 
親にしか分からないレベルの論理力やプレゼン力では、将来、使い物になりません。
親は子どもの話が論理的でない場合には、理解してはいけません。



意見ができる子どもに育てる方法の続きを読む

夜にならないと宿題を始めない子どもへの対処法



◆夕方の時間に宿題をやる優位性
学習効率の観点から見ると、脳科学的に朝は苦手なことや新しいことを始めるのに適した時間。そして夕方は単純な作業や今まで学習した内容の復習をするのに適している時間らしいです。
 
だから、朝に学校で新しい内容を学び、夕方に朝の授業内容を宿題で復習するというサイクルはとても理にかなったサイクルと言えます。
 
夕方に宿題や勉強をやらないと、夜に勉強をすることになります。夜は、どうしてもダラダラしてしまうので、普段なら10分で終わるものに30分以上かかるということも珍しいことではないようです。
 
就寝時間が遅くなり、十分な睡眠時間も確保できなくなります。そして翌日の午前中のパフォーマンスが落ちて、学校の授業をきちんと聞けなくなります。成長の観点からも睡眠時間は確保したほうが良いです。
 
 
大人はそんなことは分かっています。だから、夕方に勉強をしておくことを子どもに伝えます。けど、実際にそれが上手くいかない。
 
お母さんが仕事から帰ってきて、ご飯の支度をしながら子どもに勉強をしたかを聞くと、大体の場合は終わっていないと答える子どもが多いようです。
または終わったというから信じていたら実はやっていなかったことが後日発覚したという話もよくうかがう話です。


夜にならないと宿題を始めない子どもへの対処法の続きを読む

子どもに合った勉強方法



本田真奈美という医学博士が書いた本に「認知特性」ということについて書かれているものがあります。
人間は、目・耳・鼻などの感覚器官と呼ばれるところで音やにおいなどの情報を取り、それを頭の中で理解します。
感覚器官としての役割は同じですが、情報のとり方は個人ごとに異なります。人によって得意なやり方があって、自分の得意な形で情報を受け取り解釈します。それを認知特性というようです


子どもに合った勉強方法の続きを読む

コミュニケーション力を鍛える方法



企業の採用基準や配偶者に求める能力に「コミュニケーション力」を挙げる割合は低くありません。
勉強ばかりやっていて、コミュニケーション力が育たないということをいます。しかし、教えている側として思うのはコミュニケーション力がない子は、勉強も出来ません。
ですから、ニワトリとタマゴの関係ではないですが、勉強ができるよう子はコミュニケーション力がある子が多いし、コミュニケーション力がある子は、勉強の習得も出来るようになるのが早いです。(もちろん、何でも複合的な要因があるので、100%ではないですが…)
いずれにしても、コミュニケーション力はあったほうが良いのは共通の認識だと思います。
今回は、子どもがコミュニケーション力を高める方法について紹介します。


コミュニケーション力を鍛える方法の続きを読む

集中力が手に入る方法‼



お子様は以下のような状態ではありませんか?
①すぐ終わりそうな宿題なのに、いつまでも時間をかけてやっている。
②勉強をしていないわけではなさそうだけど、終わった量を見ると全然進んでいない。

自分の子供がこのような状態だと、学年が上がるにつれて、やらなければいけない事が増えていくわけですから、時間が足らなくなります。
それを解消する方法を今回は紹介します。


集中力が手に入る方法‼の続きを読む