合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 講師ブログ > アーカイブ > 2017年4月

お子様に想う部分がある保護者様へ

その感情を先送りにすればするほど、取り返すのが難しくなっていきます。
まずは、お話を聞かせて下さい‼
現状をより良いものに変えるための提案をさせて頂きます。

今、塾を始める理由

講師ブログ 2017年4月

連休中に勉強してみると・・・

今年もゴールデンウィークがやって来ました。

連休中に勉強してみると・・・の続きを読む

褒められれば伸びるタイプ

「褒められると伸びるタイプなんです。」っていうフレーズを聞くことがあります。
このフレーズを聞くたびに、まぁそりゃそうだよなって思います。
同時に、初対面の人の場合には、あまり多角的に子供のことが見れない人なのかな?と思います。
また、ある程度のお話をしたことがある方の場合だと、しっかりと状況をお伝えできていないんだなと思い反省します。

褒められれば伸びるタイプの続きを読む

続・ノートをきちんと書くことの大切さ

中2数学は「連立方程式」の計算に入っています。

続・ノートをきちんと書くことの大切さの続きを読む

H24明大中野 大問6

植物の年輪は、その土地の気候が暖かければ広くなり、寒ければ狭くなる。
だから、年輪を研究することで、過去の気候が分かる。
それを積み重ねることによって、気候変動の周期が分かるので、今も将来も気候を予想するのに役立つっていう話です。
 
こんな内容を今日の中3の授業で扱いました。
 
これを読んで、ふと思い出したのが、「大企業のトップは、主に歴史の本を読んでいる。」みたいな記事です。
 
色々なサイトや書籍で、そんな話を見かける機会が増えた気がします。

H24明大中野 大問6の続きを読む

ノートをきちんと書くことの大切さ

塾では3月から新学年の学習内容に入っていますが、数学に関しては、どの学年も最初は計算から始まります。

ノートをきちんと書くことの大切さの続きを読む

東都ゼミナールの第1期生が大学を卒業しました。

この春で東都の最初の卒業生が大学を卒業して就職しました。
 
今の東都のノリや、勉強に対するスタンスは、この第1期生の中の2人の生徒がベースを作りました。
彼らに聞くと、気付いたら、そのノリにのせられていたから、自分達が作ったわけではないっていうのですが…。

東都ゼミナールの第1期生が大学を卒業しました。の続きを読む

繰り返すこと 練習すること

新学期の始まりです。
新1年生はもちろん、他学年生も、この時期やはり、気分的には違うものでしょう。



繰り返すこと 練習することの続きを読む

受験の意義


受験の意義は「次のステップに進むために、自分の立ち位置を知る」ってことだと思っています。

だから、受験した学校が全部合格したというのは、少し勿体ないなって思っています。

合格したってことは、そのレベルは出来るようになったという証明にはなります。
けど、受験した学校を全て合格したら、まだまだ上にいる子達との差は分かりません。

この差を具体的に認識しないと、高校3年間で、課題を埋めることが出来ません。

だから、「勝つ」という経験と同時に「負ける」という経験も必要だと思います。

受験の意義の続きを読む

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »