合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 講師ブログ > アーカイブ > 2017年12月

お子様に想う部分がある保護者様へ

その感情を先送りにすればするほど、取り返すのが難しくなっていきます。
まずは、お話を聞かせて下さい‼
現状をより良いものに変えるための提案をさせて頂きます。

今、塾を始める理由

講師ブログ 2017年12月

「ゆく年くる年」の"ゆく年"

今年も残りわずか、“カウントダウン”する時期になりました。


「ゆく年くる年」の"ゆく年"の続きを読む

2017年度2学期の通知表の結果で思うこと


◆2学期の中3の通知表の結果
冬期講習も始まり、内申点の調査をしています。
中3は全体的に上がった子の方が多いですね。
中3の場合、志望校に応じて必要な内申点が変わってくるので、上がったから喜んでもらえるという訳にもいかないのですが…。
中3生の88%が成績UP。塾生の56%がオール4以上。
そのうちの60%が9科合計40以上。

例年と比べると、やや悪めですが…許容できる範囲の値です。

2017年度2学期の通知表の結果で思うことの続きを読む

正月の過ごし方の一つの提案?!

冬休みに入り、冬期講習会も始まりました。
そしてまもなく、“全世界的一大イベント”である、『新年』を迎えることになります。


 
春、夏、冬の各期講習会は、学校が休み中なのでそこを大きく気にする必要がなく、苦手な箇所・科目の解消・克服、復習・予習による学力の確実な定着、応用・発展演習をして実力向上のできる、やり方次第でものすごく有効活用できる「貴重」なものです。
 
冬期講習会も、短い冬休みを最大限有効に使う「貴重」なものですが、その間に、“一大イベント”を迎えます。ややもすれば、そのイベントに押されて得られる効果が薄れてしまいそうな雰囲気もあるので、そうならないよう、提案?!、アドバイス?!、喝!!を入れる?!、そうしてあげましょう。
中学3年受験生は、もう、受験に向けた臨戦態勢一色でないといけませんよ!!

正月の過ごし方の一つの提案?!の続きを読む

「時間がない‼」と言ってる子の共通点



◆よく聞く悩み
「学校の提出物が終わっていない。」「塾の課題が出来ていない。」「明日の準備が出来ていない。」
 
そんな我が子を見て、叱ると、大体、子供は「後でやるよ。」とか「次は気を付けるよ。」とかですかね。こんな返事をすると思います。
 
毎日、その子と向き合わなければいけない保護者の方からしてみれば、イラつくし、疲れるし…。
そして、結局、我慢の限界を迎え…怒鳴ったり、さらに叱ったりすると…。

子供の方は、「時間がないんだよ。」「○○をやらないといけないんだよ‼」と言い返し、喧嘩が始まる。
あとは、結局、言うことは聞かず、返事もせず、行動も改めないっていうバージョンもあるようです。
 
いずれにしても、どうにかして欲しいって困っている方は多いようです。

「時間がない‼」と言ってる子の共通点の続きを読む

『冬至』 雑感

日が短いですね。朝は晴れていても6時をすぎないと明るくならないし、夕方は5時でほぼ真っ暗です。
今年は12月22日が「冬至」です。一年で最も昼間が短い日です。
太陽高度も一番低くなり、部屋の最も奥まで陽が差し込む日、東京スカイツリーの影が一番長くなる日!?です。





『冬至』 雑感の続きを読む

"全体"と"部分"、吹奏楽の演奏会と英数国理社




先日、吹奏楽の演奏会を2度、拝聴しました。
1回目はホール3階席から、2回目はなんと舞台前の最前列、しかもほぼ真ん中の席でした。
3階席、上からだと、全体の雰囲気や様子、指揮者と演奏者との動きや呼吸、後部のパーカッションの動静(どんな楽器を使っているか、楽器が大きいから演奏者が移動する。)もよくわかり、
最前列だと、指揮者の一挙手一投足や近い演奏者の息づかいが手に取るように伝わり、生の音を間近に感じることができ、素晴らしかったです。
 
同じ物事でも、こうして見る位置や見方、捉え方次第で、ずいぶんと違ってきたり、いろいろ想像(創造?!)が膨らんだり、様々な方面とリンクしてその先へ進んだりと、変化や効果を生むものです。改めてそう感じました。

"全体"と"部分"、吹奏楽の演奏会と英数国理社の続きを読む

地頭力を鍛える方法


■地頭力とは
少し前からもてはやされている地頭力。
知識にたよる解決法はもうこれからの時代不要になる。
大切なのは想像力と創造力。それが地頭力だ‼

そのためのツールにフェルミ推定とかフレームワークとか…。
要は、仮説を立てて実証してみるとか、なにかプロジェクトを行う際に全体を見渡した上で方法を考えるとか…。
そういう能力が今後は必要ですって話です。

地頭力を鍛える方法の続きを読む

下見のススメ

中学校での面談もほぼ終わって、特に私立のみ受験の生徒は志望校確定へとなります。
千葉県や埼玉県の私立高校を受験の場合、もうあと1ヶ月で入試当日を迎えます。


下見のススメの続きを読む

12月8日は?

12月8日は何の日だか知っていますか?
 

 
「針供養」
折れたり、曲がったり、錆びたりして使えなくなった縫い針を供養し、神社に収める行事。
すばらしい!! 日本の伝統を理解していますねー! 確かにそのとおり。正解!!
 
調べればいろいろ出てくることでしょう。
そういう中で、意外と知られていないのが、
『太平洋戦争開戦日』です。日本がアメリカ合衆国相手に戦争を始めた日です。
ハワイの真珠湾を奇襲攻撃したその日です。
これ自体は有名ですが、“その日”となると結構知られていません
全くと言ってもいいかもしれません。どうしてなんでしょうね~?
イメージ的なものがあるのでしょうか。

12月8日は?の続きを読む

集中力をつける方法



■勉強量=時間ではない

我々の塾は拘束時間が長いです。ですから、量=時間だと受け止められます。
けど、量=時間という考え方だと早いうちに頭打ちになります。

なぜならば、その数字は最大24という数字以上に掛けることは出来ないからです。
 
勉容量という考え方を変える必要があります。

量というのは時間ではありません。量=自分で解けるようになった問題の数です。
これを向上させていかないと学力は上がっていきません。
 
この数字を向上させるために自習の管理や授業を行っています。
 

 

集中力をつける方法の続きを読む

12

« 2017年11月 | メインページ | アーカイブ | 2018年1月 »