合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 講師ブログ > アーカイブ > 2018年8月

お子様に想う部分がある保護者様へ

その感情を先送りにすればするほど、取り返すのが難しくなっていきます。
まずは、お話を聞かせて下さい‼
現状をより良いものに変えるための提案をさせて頂きます。

今、塾を始める理由

講師ブログ 2018年8月

集中力の高め方


勉強しているのに成績が上がらないという原因の一つに「集中力の欠如」があります。
今回は集中力を上げる方法を紹介します

集中力の高め方の続きを読む

過去問レポート  都立高校『数学』共通問題 ④



ちょっと特異な感じの大問を見ていきましょう。


過去問レポート  都立高校『数学』共通問題 ④の続きを読む

2018集中特訓のアンケート紹介


■アンケート結果
今年もお盆の時期に夏期集中特訓を行いました。
毎年、最後に最高点5・最低点1の5段階で満足度を調査しています。
今年の平均点は4.25でした。
 
【評価の理由抜粋】
・15時間を2日間やってみて、集中が切れるかと思ったけど、意外と集中ができた良かった。
でも復習が足らないことが分かったので、日頃から意識しようと思った
・英語・数学は自信のない問題を練習できたから
・意外に集中できた
・つらかったけど分からなかったことが分かった
・集中できた。苦手なところを補充できた。得意なところを強化できた
・普段は絶対に出来ない量の課題に対して集中して取り組むことが出来たから
・復習をたっぷりとすることが出来たので、今まで忘れていたことを思い出すことができて、ちょっと自信がつきました
・自分の納得できるような問題量を解くことが出来なかったから
・これからこの体験が生きると思ったから

2018集中特訓のアンケート紹介の続きを読む

インターリーブ学習とブロック学習法の優劣


■ブロック学習とインターリーブ学習とは
ブロック学習とは、ひとつの単元をしっかりと勉強したら、次の単元を学習する。
そして、その単元の学習が終わったら次の単元を勉強するという学習法のことをいいます。
それに対して、インターリーブ学習法は1つの単元につき8割程度完成させたら次の科目を学習するという方法です。
たとえば、ブロック学習は単語を30個暗記できたら、次に文法のテキストを学習するという方法です。

インターリーブ学習とブロック学習法の優劣の続きを読む

1

« 2018年7月 | メインページ | アーカイブ | 2018年9月 »