合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 講師ブログ > 計算と暗記・・・方程式とヨーロッパの農業から

お子様に想う部分がある保護者様へ

その感情を先送りにすればするほど、取り返すのが難しくなっていきます。
まずは、お話を聞かせて下さい‼
現状をより良いものに変えるための提案をさせて頂きます。

今、塾を始める理由

講師ブログ

< 成果は目的の持ち方で大きく変わる  |  一覧へ戻る  |  勉強をする意味 >

計算と暗記・・・方程式とヨーロッパの農業から



最近、生徒の様子を見ていて、生徒との会話を通して、2点。
そのもとになったのが、上記、数学の「方程式」と社会科地理の「ヨーロッパの農業」だったわけですが。


■計算問題
途中式を、途中の過程を、しっかり書く。ずいぶん前にも指摘したこと、また当たり前のようによく言われていること、ではありますが、改めて感じているところです。
 
この、“しっかり書く”というのは、「順序立てて」書いていくというのももちろんですが、「丁寧に」書くというのもあてはまります。
 
どこの問題をやっているのか分からなかったり、自分で書いた字さえ判別できずに間違える、というのが、相変わらず見受けられます。書いた本人がこういうことで混乱?を起こしているのですから、他人が見ればもっとわからないことになります。
当然、理解や実力という点でも劣ってしまうわけです。
 
これを「丁寧に」、地道にやっている生徒は、確実に改善に向かっています。正解率もアップ。最初がひどかった生徒ほど目に見える形で現れています。
それだけ計算は誰でもすぐにこなせるようになるということです!!
 
そうなると今度は、ただ解き進めるのではなく、「今どういうことをしているのか」「なんでこういうかたちになるのか」というように中身も考えられるようにしていくことです。
計算は、途中式が内容を表しているようなものですから、そのときやっていることがわかれば内容も理解できていることになり、そうすればその先へと進歩していけます。
関数や図形でも計算が必要になった時に、どうやって解いていくかがよりわかることになります。
 
計算は※きちんと、丁寧に書く
   ※どういうことをしているか、何をやっているか、も考える
 
 
■地理の暗記
社会科は暗記が多い科目です。もちろん暗記するだけの単なる知識ものだってあります。しかしこの暗記も、少し関連事項を考えながらやるともっとしやすくなります。地理に限らず他分野、他科目もそうですが。
 
この地理では、生徒が、表題の「ヨーロッパの農業」をソラで言ってくれました。習いたてなのでスラスラと言ってくれました。いいですよ。理解できれば良いわけですから。
 
でも、ここで、例えば「酪農」ならば、天候が冷涼とか晴天や雨が少ないので、家畜を育てて(草くらいは生える)乳から製品を作る方が適している。「地中海式農業」ならば乾燥に強い作物を作る。というように、関連付けて覚えるとよいのです。
 
農業は気候と大きくかかわります。一緒に覚えれば一石二鳥。
また工業なんかは、資源(原材料)や立地条件などと関連付けるとやりやすいです。
歴史は、よく言われる、出来事や人物の背景やその時の国や世界の情勢などと一緒に暗記するとやりやすいはずです。
他もこのようにすれば、難なく進められるというもの。
 
暗記は※確かに覚えるもの
   ※でも複数の事項と関連付けるとやりやすい
 
 
これで計算も暗記も確実だ!にしてほしい   HA
 
 


【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

< 成果は目的の持ち方で大きく変わる  |  一覧へ戻る  |  勉強をする意味 >