合格体験記 体験入塾の流れ コース紹介 小学生 中学生 塾生の方へ
他塾ではできない程、勉強します。

地元密着型の個人経営塾。大手の塾に比べると、規模や設備面から見劣りするも、少なくない一定の生徒数を抱えているのはなぜか。東京都江戸川区一之江・船堀で小学生、中学生対象の進学塾を経営する中里塾長に聞きました。

講師インタビューはこちら
よくある質問
お知らせ
  • アクセス
  • 特別講座・季節講座情報
  • 高校受験の基礎知識
  • お問い合わせ

HOME > 講師ブログ > 定期試験勉強のしかた > 定期試験の勉強のしかた 7

お子様に想う部分がある保護者様へ

その感情を先送りにすればするほど、取り返すのが難しくなっていきます。
まずは、お話を聞かせて下さい‼
現状をより良いものに変えるための提案をさせて頂きます。

今、塾を始める理由

講師ブログ

< 5月学力診断テストの結果  |  一覧へ戻る  |  定期試験の勉強のしかた 8 >

定期試験の勉強のしかた 7



一之江教室、船堀教室近辺の中学校の定期試験について、どんな内容での出題か、どういう勉強や対策をしておいたらよいかなど、“分析”をしていきます。
 
松江五中の2年生数学の1学期期末試験をみていきます。
過去3年分を参考にします。
範囲は、教科書最初の「文字式」とあとは進み具合で「連立方程式」が入るか入らないか、といったところです。「連立方程式」は計算までです。
 
3年生の数学については こちら を参照下さい。


①文字式の計算
(出題内容)
これまでにも他の学校や他学年で指摘してきた通り、ワークにある問題のレベルです。進み具合や、出題数、担当の先生による違いはあるものの、ごく基本からややこしいもの、応用の要素が入ったものまで、ワークで出てくる範囲内のものです。
 
(対策)
もう計算オンリーだから練習しておくのみです。
 
それだけ、簡単・単純、やりやすい、ということです。高得点、それどころか満点を取れるものです。
逆に、できないと“まずい”ことになります。
近い目で見ると悪ければ成績悪化確実です。
長い目で見ると、これからの数学の計算のおおもとの一つでもあるので、やはりまずいことになりますね。
 
(ココにも注意)
係数や次数、~字式かを問う、言葉の問題も確実に出ます。記述で、穴埋め形式で、選択で、と年による違いはあるものの絶対に聞かれるので、しっかり把握しておくことです。
前回の 二之江中 のところでも指摘していますので、そちらも参考にして下さい。
 
②文字式の応用問題
(出題内容)
「連続した3つの整数の和が~になる」証明問題、
「2桁の整数の一の位と十の位の数」を使った説明問題、
このへんは必出です。
 
他には、同様な、カレンダーの数字をもとにする問題、和や積と倍数との関係の問題なども見られました。
 
(対策)
これもワークには必ずある問題でした。教科書にも例題やその後の練習に出てくる、典型ものです。やっておけば必ず得点できるものです。応用というよりは、今後の、数学の証明問題への慣れ、今やっている文字式の計算の延長、といったところです。
 
塾でも典型問題とその反復をすることで、マスターさせています。
(宿題は多くない。この練習。できるようにしておけば得点できるし、この先の数学につながっています!)
 
(ココにも注意)
一つくらいは、と言っては何ですが、ちょっと発展内容ものが出題されています。問題文に沿って式を立てて、(これが正しく立てられるかも決め手ですが)上手く説明していけるかということになりますが、他の問題が難なく解き進められれば、残りの時間をここに集中できて、部分点くらいもらえるかという感じ。
 
いずれにしても習ったものは確実にこなせるようにしておけば、いろいろと余裕も出てくるというものですね。
 
③連立方程式
(出題内容)
基本の計算です。加減法、代入法、小数・分数の処理、カッコつきの方程式、など一通り出題されています。
 
(対策)
ホントに最初のところだけなので、練習しかありません。
ミスも絶対にしないことです。
 
(ココにも注意)
解が示されていて係数を求める
  ax+by=8
  bx+ay=7  
  の解がx=1、y=2のときの、a、bの値を求める
2組の方程式があって解が共通しているので、そこから係数を求める
  ax-y=9      2x-y=7
  5x+2y=4     x+by=14
  これらが同じ解をもつときの、a、bの値を求める
これらも頻出です。
しかし、教科書やワークレベルの問題なので、(定期試験では普通そうなる)これもやり方を身に付けておくこと。そして最後は計算です。
 
 
満点を狙えるテストでもあるので、この際、狙おうではないか!!   HA
 


【保護者の方へ】知らないと損!ワースト3位の江戸川区

江戸川区の公立中学の「普通」の成績でも、東京都では「下位」の成績!

上位校~中堅校に合格するのは学年のTOP数%!

他の子が塾に行かないから、友達よりは出来ているから...。そこに意味はありません。江戸川区での「普通」は高校受験では下位層の取組みだということを強く意識して実際に行動することが重要です。

詳細を見る

2週間の無料体験授業のお申込みはこちら

カテゴリ:

< 5月学力診断テストの結果  |  一覧へ戻る  |  定期試験の勉強のしかた 8 >

同じカテゴリの記事

定期試験の勉強のしかた 8



一之江教室、船堀教室近辺の中学校の定期試験について、どんな内容での出題か、どういう勉強や対策をしておいたらよいかなど、“分析”をしていきます。
 
船堀教室から一番近い松江一中2年生の1学期期末試験をみてみましょう。


定期試験の勉強のしかた 8の続きを読む

定期試験の勉強のしかた 6



一之江教室、船堀教室近辺の中学校の定期試験について、どんな内容での出題か、どういう勉強や対策をしておいたらよいかなど、“分析”をしていきます。
 
船堀教室に通ってくる生徒の多い二之江中学校について今回は、
『二之江中2の試験範囲表に見る、範囲表に忠実な勉強の大切さ』を、
1学期期末テスト数学で、
たどっていきたいと思います。
 
二之江中3の数学問題については こちら も参照下さい。


定期試験の勉強のしかた 6の続きを読む

定期試験の勉強のしかた 4



一之江教室、船堀教室近辺の中学校の定期試験について、どんな内容での出題か、どういう勉強や対策をしておいたらよいかなど、“分析”をしていきます。
 
一之江教室に一番近く、塾生も多い
松江五中の3年生1学期期末テスト‐数学‐をとりあげます。
過去3年分を参考にみていきます。


定期試験の勉強のしかた 4の続きを読む

定期試験の勉強のしかた 3



一之江教室、船堀教室近辺の中学校の定期試験について、どんな内容での出題か、どういう勉強や対策をしておいたらよいかなど、“分析”をしていきます。
 
前回、松江一中3年生のテストを参考に進めましたが、その続きとして、「2年生範囲の復習」と「都立入試大問1タイプ」の出題についてみていきます。


定期試験の勉強のしかた 3の続きを読む

定期試験の勉強のしかた 2



(参考)2018年度 松江一中 3年数学 1学期期末テスト
 
一之江教室、船堀教室近辺の中学校の定期試験について、どんな内容での出題か、どういう勉強や対策をしておいたらよいかなど、“分析”をしていきます。
 
船堀教室からは一番近い松江一中の問題を参考にみていきます。
 
大問が8題。教科書最初の平方根までの計算を中心にしたところから5題、2年生の図形の復習2題、都立高校入試の大問1タイプの出題1題となっています。
この時期にありがちな、標準タイプ形式の出題です。


定期試験の勉強のしかた 2の続きを読む